kikocho

ディープテック産業開発機構 機構長からのご挨拶

東京農工大学は、基本理念に「使命志向型教育研究-美しい地球持続のための全学的努力」を掲げています。この基本理念に基づいて、特に本学の強み・特色である「食料」「エネルギー」「ライフサイエンス」「環境」を重点4分野に、先端的な教育と研究の活動成果を活かした国際貢献や社会実装をミッションの中心としています。

その基盤となるイノベーション・エコシステムの形成には、(1)企業・大学・公的研究機関などの連携・共創の場となるオープンイノベーション拠点形成と(2)多様な分野で機動性を生かした挑戦を行うスタートアップ支援の二つの方向性があります。このうち(1)の方向性では、東京農工大学の強みである基礎科学と農学工学の先進実学を結びつけ、そこから創出される科学技術イノベーションにより近未来社会の様々な問題解決に貢献する場として、平成30年度に学長直轄のオープンイノベーション拠点である「フロンティア研究環」を設置しました。フロンティア研究環に設置された7つの拠点において、「組織対組織」の大型共同研究プロジェクトが大幅に増加する、政府系のコンソーシアム事業に複数採択される等、一定の成果を挙げています。

合わせて (2)の方向性では、収益化からのバックキャスト思考に基いて起業を含む社会実装を支援する場として、令和3年度に「イノベーションガレージ」を設置しました。シーズプッシュとニーズプル両方向の思考法により、学内教員のもつ基礎技術の事業化を推進しています。さらには、アントレプレナーシップ教育の場として、テックガレージも同時に新設し、学生を対象とする起業関係の取組みも集約して、教員・学生相互の切磋琢磨を促しています。

このたび、(1)のオープンイノベーション拠点形成と(2)機動性を生かした挑戦を行うスタートアップ支援の取り組みを両輪として、加速的に新産業創出や変革を行うことを目的に、「ディープテック産業開発機構」を新設いたしました。ディープテック産業開発機構では、フロンティア硏究環で活動する各拠点の研究領域を融合することにより、領域横断的研究テーマも拡大してオープンイノベーション化の一層の拡大を図る所存です。また、社会実装への動機付けのある若手研究者を対象に、イノベーションガレージにて多様かつ柔軟な事業化の可能性を支援することによって、起業するに留まらず、起業した後の事業拡大と新たな産業構造への変革を目指して参ります。

皆様のご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

ディープテック産業開発機構 機構長
三沢 和彦

ディープテック産業開発機構 イノベーションコモンズ

ディープテック産業開発機構 イノベーションコモンズ